「咲あん上京」外壁を建ててます

丹原あかね

1階~6階の床が完成し、外壁を建て始めています。

ALC板(軽量気泡コンクリート板)と、アスロック(押出成形セメント板)という2種類の外壁材を使い、さらに表面の凹凸や色も少しずつ違えて、外壁の表情に変化をつけるようにします。

写真:広場部分を建物側から見る

壁が建ち始めると一気に空間が見えてきます。↑ここは千本通りに面したカフェと繋がって「ひろば」になるところ。ちょっと腰掛けてもらうのにちょうどいい空間です。建物側を向くと、奥の釘抜き地蔵さんの緑まで視線が抜けます。

写真:屋内階段施工中の左官屋さん

屋内階段では左官屋さんがモルタル下地の作業中、2階からは溶接の火花が落ちてきます。

たくさんの職種の職人さんの手で着々と進んでいます。