「咲あん上京」地盤改良着々と

丹原あかね

地盤改良の柱(コラム)を地中に埋め込んでいます。
位置やコラム径によりますが、日に10本程度、全部で117本。2週間がかりです。
掘削の途中に固い地盤に当たると、重機が宙に浮くほどの反力があります。それでもさらにさらに掘り進め、支持地盤まで到達させるのです。

写真:敷地全景

このうち2本を選んで全長コア抜き取り試験の準備中。長さ9mほどのコラムの上から下まで問題なく作られたかを確かめます。

写真:全長コア準備

毎週月曜は現場定例会議です。うち2週に1度は建て主の京都保健会さんを交えた会議で、建て主、設計、施工それぞれの立場から色々なアイデアが出されています。
現場はまだ地中の工事なので地上に変化は見えないですが、定例会議では鉄骨やサッシ、設備関係の話など、進んでます。

写真:工事看板