「咲あん上京」検査機関による中間検査

丹原あかね

基礎、梁、柱ベース部分の配筋が完了して、コンクリートを流し込む型枠の組み立ても終わりました。
ここで、建築基準法で定められている中間検査を受けます。検査機関の検査員の方に来てもらって建物の配置、配筋や型枠の様子のチェックを受け、検査の合格を受けてから、次の工程に進みます。

写真:検査官が建物位置を確認

指摘もなく合格です。いよいよコンクリート打設です。