「咲あん上京」手強い既存解体工事

丹原あかね

予想外に大きな塊が次々と現れている、地中の解体工事です。

それでも大方の解体が終わったかと思ったら今度は、南端からH鋼の土留め壁が出てきました。

写真:「咲あん上京」手強い既存解体工事の様子

昔、地下の増築工事をした時に、隣に建っていた住宅に影響が出ないように、土中に鉄骨とコンクリートで土留め壁を作っていたようです。6m以上の深さがありそうです。ショベルカーで掘っていますがビクともしない、今となっては憎い壁。

今回の工事ではちょうど、地中杭を設置する位置にあたります。杭の位置を少しずらすことで解決できるのか、連休も挟むので、急いで検討です。