「壬生の家」着工しました

丹原あかね

春から計画を進めていた、築約80年の京町家の改修工事が着工しました。

写真:改修工事の様子

近年、改修してギャラリーとして利用されていたので、構造を大きくさわってありました。今度はまた、ご夫婦2人の住まいとして使われます。
元の京町家の構造にできるだけ戻して、建物に無理がかからないようにします。
その上で、足元がずれないよう、構造体が外れることがないように補強していきます。
強固に固め過ぎるのではなく、弱い接点をたくさん作って支える、という方法です。

80年の歳月を生きてきた京町家を、これからも安全に楽しみながら暮らせるように、建て主さん、工務店さんと一緒に力を出し合って作っていきます。